深型になったダクタイルパンが登場!深さゆえの使い勝手の良さは料理を楽しくしてくれる

レビュー
16,500 円 (税込)
購入はこちら

鉄製フライパンと言えば、熱伝導に優れ、鉄分を料理に加えることができるといったメリットで知られていますが、反面、手入れが面倒くさく錆びやすい、重さがあるから扱いにくいというデメリットもあり、なんとも敬遠されがち。今では家庭向けというよりプロ向けのイメージが定着しています。

しかし、そんな鉄製フライパンの常識を覆すような製品が登場しました。岩鉄鉄器「ダクタイルパン」です。

鉄製フライパンのデメリットである“手入れの面倒臭さ”や“重量による扱いにくさ”を、70年間培ってきた独自技術で解決。それでいて鉄製フライパンのメリットはそのままという画期的な調理器具なのです。

フライパンは深いといろいろできる

これまで26cm、22cmのダクタイルパンが展開されていましたが、そこに新しく24cmの深型タイプが登場したのです。その名も「ダクタイルディープパン24」

フライパンは深型の使い勝手が好みで、料理の際には欠かせないアイテムだったのですが、先代の深型フライパンはガタが来てしまい、引っ越しとともにお別れ。以降は浅型フライパンを使って日々料理をしてきました。

しかし深型であれば、焼く・炒めるだけでなく、煮る・茹でる・揚げるといった浅型フライパンにはちょっと荷が重い調理方法も問題なく熟せるわけです。

そんなわけで新しく深型のフライパンを・・・と思っていたところに、ダクタイルパンの深型が登場すると聞いて実際に使わせていただくことになりました。

深型なのに軽いダクタイルディープパン24

そもそも鉄製フライパンのデメリットになるのが、フライパンそのものの重さ。

特に深型ともなれば結構な力を求められることになります。

ところが、岩鉄鉄器「ダクタイルディープパン24」は、そのデメリットがないのです。重量は約1050g。鋳造されたフライパンですよ? まごうことなき鉄製ですよ? それなのにたった1kg程度しかないとか、ちょっと信じられません。

でも、実際に持ってみれば本当に軽い。

軽いということは物理的に鉄の量を減らしているということになるわけですが、通常の鉄であればその分強度が落ちてしまうのが必定。

しかしながら、それを独自のダクタイル薄肉化技術を使って解決。物理的に鉄の量を減らしても強度を失うことなく、軽く薄く硬い鉄製フライパンが実現しているんだそうです。

焦げ付かない秘密は鍋肌の凹凸にあり

さて、岩鉄鉄器「ダクタイルディープパン24」を使い始めてから1週間ほどになりますが、早くも毎日の料理において欠かせない調理器具になってきました。

やはりその理由は深型フライパンならではの汎用性の高さ。

先に述べたように、焼く・炒める・煮る・茹でる・揚げるという調理法がひとつでまかなえるのが最大の要因ですね。

熱伝導率も高いので、火力を中火以下にしてもしっかりと短時間で火が通るので、調理時間のコスト削減にも繋がっているかなと。

それにしても、鉄製フライパンだというのに、焦げ付きが少ないのは本当に驚き。その最大の理由は凹凸のある鋳肌にあります。

岩鉄鉄器のダクタイルシリーズは、全てこの鋳肌を持つ製品なのですが、これは岩鉄鉄器が開発した独自の表層改質によるものです。

鉄製フライパンと言えば、ちょっと取り扱いを間違うと、かんたんに錆びてしまうのですが、岩鉄鉄器はそれを最大限防ぐために、フライパンの素地に窒素加工を施して表面をより強靭に。さらに酸化加工を上から施すことで、これ以上錆びない状態を作り出しています。

この表層改質における窒素加工で、2〜3μm・・・0.002〜0.003mmという細かさで凹凸が形成されているわけですが、この凹凸があることで調理時に油がまんべんなくフライパン全体に行き渡り、さらに凹凸によって食材がフライパンに触れる面積を少なくすることで、焦げ付きを最大限抑えることに成功しているのです。

調理して盛りつけ後の空いた状態ですが、ご覧の通り焦げ付きはなし。

少々とろみ付けしたメニューだったので、少しは焦げ付くかな? と思っていたんですけどねえ。いやはや凄いです。

手入れがラクだから使いやすさがうなぎのぼり

焦げ付きにくい。そして錆びにくい。

そんな革新的な鉄製フライパンだからこそ可能になったのが、鉄器には必須とも言える手入れの手間を省くこと。

従来の鉄製フライパン。その多くは防錆処理がされていません。

そのため、使い続けるには一定のメンテナンスが必要になってきます。

ところが、岩鉄鉄器のダクタイルシリーズではそんなメンテナンスがほぼ不要。

窒素加工と酸化加工の融合で実現した、強くて錆びないダクタイルシリーズなら、タワシなどでガシガシとこすり洗いをしても傷は付かず、そもそもの錆止め塗装もないので、洗浄後の油の塗布もしなくていい。

洗って乾かす。

一般的なテフロン加工やブルーダイヤモンドコート加工されたフライパン同様の手入れだけで、鉄製フライパンを長く使い続けることができるのです。

とは言え、衛生面に対して意識の高まる昨今、タワシだけで洗ってて問題ないの? と思われる方もいるでしょう。そんな人にも朗報なのが、一般的な食器用洗剤を使ってスポンジ洗いもOKだということ。

さらに言えば、食洗機にぶち込んでしまってもいいのです。

従来の鉄製フライパンのみならず、鉄器であれば絶対にやっちゃダメなことなのですが、ダクタイルシリーズなら問題ありません。もはや鉄器の有り様を覆しまくってますね・・・。

ただ、注意すべき点もあって、タワシで洗う場合は金属系タワシや研磨タイプのスポンジはNGですし、食器用洗剤を使ったり、食洗機に入れた場合は、馴染んだ油が落ちるため、調理時に大さじ3杯程度の油を馴染ませてから使うようにしなければなりません。

しかし、この手入れのラクさ加減は素晴らしいの一言。これなら手入れの手間を理由に鉄製フライパンを敬遠してきた人にとっては、導入ハードルがめちゃくちゃ下がるのではないかと思います。

ダクタイルディープパン24で料理が楽しい

鉄製フライパンにも関わらず、焦げ付きにくいわ、お手入れもラクラクだわ。

そうなってくると俄然料理が楽しくなるわけです。まあ人によると思いますけど、我が家で日々料理を作る僕としては楽しくないわけがない。

ダクタイルディープパン24で料理を作れば、今までと同じメニューでも、鉄ならではの風味というかなんというか、兎にも角にも料理が一段向上したような気がするのです。

お手製ハンバーグを焼けば、熱伝導の良さも相まって、しっかりと短時間で内部まで火が通り、蓋はしていないものの外側カリッ、中ふっくらに仕上がりました。

ヨメさま曰く「今までのフライパンで焼いたものより、鉄板で焼いた本格的なハンバーグの味がする」と好評価。

やっぱり鉄製フライパンだと肉料理に顕著に違いが出ますね。

ナスとぶなしめじの辛味噌炒め。

ひき肉への火の入り方が良い感じでした。鉄製フライパンゆえに旨味を逃さないことが功を奏したんでしょうね。

他の素材にも素早く火が通りますし、かなり短時間で仕上げまでいけました。

こちらはナスの自家製カレー。カレールーは使わずに作った一品。

量多めの煮込みも深型だから可能なこと。

小さい子どもがいると、できるだけ量を作って翌日翌々日にも食べられるようにしたいわけですが、そんなニーズにも応えてくれます。そう、深型ならね。

この他にもチャーハンを作ったり、単純に目玉焼きを焼いたり、パスタを茹でたりといった感じで使っていますが、いずれもこれまで使っていたフライパンとは一味違ったできになっていて大満足しております。

ダクタイルディープパン24はこんな人に勧めたい

使い始めて1週間ほど。いまのところ概ね満足しています。

まあ強いてデメリットを上げるなら、タワシを使った水洗い・湯洗いだけだと、匂いの強い料理を作ったあとだと少し残りやすいかなという点。それと、洗ったあとに水気を拭き取るとき、布巾の糸くずが付着しやすいという点。

とは言え、これらについては単純に食器用洗剤なり使って洗えばいいだけですし、布巾も繊維片の出ないタイプを見つけて使うようにすればいいだけでもあるので、デメリットというほどでもないんですよね。

ということで、概ね満足というか大満足ですね。

不満に思う点が見つからない製品っていうのもなかなかありません。

少なくとも「これがなあ・・・」と思うデメリットポイントってひとつふたつは出てくるものなんですけど、全然出てこないんですよ。

そんな「ダクタイルディープパン24」ですが、個人的にお勧めしたいのが、ひとり暮らし生活を始めた人たち。特に今年はコロナ禍によって外出もままならず、自炊しはじめたりしてるんじゃないかと思います。

でも、ひとり暮らしの物件って、なかなかキッチンは手狭な作りのところが多いんですよね。収納スペースの問題もあるので、調理道具を揃えるのは現実的ではない。

しかし、「ダクタイルディープパン24」なら、これひとつあるだけで多彩な調理がこなせます。また、これひとつだけなら、収納スペースの問題も解消されるはず。

価格という点で考えると、少々お高く感じるかなとは思いますが、鉄製フライパンって普通に何十年と使い続けることができるものなので、長い目で見て1000〜2000円程度のフライパンを何度も買い換えるのと比べれば、決して高いものじゃないと思います。

ちなみに、ギフトとして考えても非常にいいアイテム。

誕生日プレゼントとして、あるいは父の日、母の日のプレゼント、結婚祝いや引越し祝いの品として、「ダクタイルディープパン24」を贈るのもいいんじゃないでしょうか。

購入はこちら(クーポンあり)

【10%OFFクーポン: cazuki-10
レビューを最後まで読んでいただきありがとうございます!本記事でレビューした商品に使用できる「会員限定10%OFFクーポン」を配布中です!STAMP WORKS 公式ストアにてご利用ください。(会員登録後、ログイン状態でご購入ください)

購入はこちら

ホシナカズキ

モバイルやウェブのネタ、ニュース、MacとかiPhoneとか、Android、WordPressのことなど、いろいろ書く雑食系ブログ「mbdb (モバデビ)...

プロフィール

関連記事一覧