• HOME
  • レビュー
  • 《連載:簡単レシピ》イタリアのマンマの味!「ダクタイルダッチオーブン」で作る、真鯛のアクアパッツァ

《連載:簡単レシピ》イタリアのマンマの味!「ダクタイルダッチオーブン」で作る、真鯛のアクアパッツァ

レビュー
19,800円(税込)
購入はこちら

2月のイベントといえば、節分とバレンタインがありましたよね。

自宅でちょっとしたおもてなし料理を作った方もいたのでは?

「イベントの度に、ご馳走料理を考えるのって大変で……。」なんて思っている方にもピッタリなのが、見た目はカラフル! でも、作り方はいたって簡単な《真鯛のアクアパッツァ》です。

以前《鯛めし》レシピでも紹介したとおり、晩秋から春に旬を迎えるマダイ(真鯛)は、スーパーでも手に入りやすい魚の一つ。
そして、2月から4月にかけて、あさりも旬を迎えるので、この季節にもおすすめしたい料理です。

→鯛めしのレビューはこちら

準備する材料はこちら。

  • マダイ(真鯛) 一匹(ダクタイルダッチオーブンに収まるサイズ)
  • あさり 適量
  • ミニトマト 5~6個
  • 玉ねぎ 2分の1
  • マッシュルーム 数個
  • パプリカ 適量
  • にんにく ひとかけら
  • ローズマリー 適量
  • 塩、こしょう 適量
  • 白ワイン(なければ、料理酒も可) 40cc程度
  • オリーブオイル 大さじ2

材料は参考程度の量を記してますが、私もいつも適当なので……あまり神経質に作らなくても大丈夫なのが、アクアパッツァの良いところ!

そもそもイタリアのマンマの家庭料理なので、日本で例えるなら《ぶり大根》や《鰯の梅煮》のような、各家庭で自由に作るような魚料理です。

とはいえ、魚の骨から良い出汁が出るので、切り身よりも、小ぶりでもまるごと一匹の方がおいしく仕上がるはずですよ。

作り方

先ずは、「ダクタイルダッチオーブン」を熱し、オリーブオイルたっぷり+にんにくを投入。

あらかじめ塩をふっておいたマダイの両面を軽く焼きます。

焼き目が付いたら、「ダクタイルダッチオーブン」の蓋の上に移しておきます。

砂抜きしておいたあさりを中火で軽く炒め、さらにカットしておいた野菜を加えます。

この段階で、塩やこしょうを少しだけふっておくのも有りです。

あさりや野菜の上に、マダイとローズマリーをのせ、白ワインを投入したら蓋をします。

マダイの尾がちょっとはみ出てしまった……。

でも、ほぼ蓋は出来ているので問題なし。ですが、この後に尾を内側に折ってます(笑)

10~15分ほど煮込めば完了。

炊飯と違い、途中で蓋をあけて様子を見ても問題なので、初めて作る人は様子を見ながらチェックしてみて下さいね。

具材だけでなく、風味いっぱいの出汁が《真鯛のアクアパッツァ》の醍醐味!

私はこの出汁と野菜を少しだけ取っておいて、翌日のパスタランチにアレンジしたりもします。

シンプルな味付けだからこそ、オイルや塩にこだわって作ると、さらに美味しく出来るはず。(今回は、スペインのオリーブオイル、イビザ塩を用いてます)

オリーブやケッパー、イタリアンパセリなどを加えたりして、オリジナルの味を極めてみませんか?

購入はこちら(クーポンあり)

【10%OFFクーポン: izumin-10 】

レビューを最後まで読んでいただきありがとうございます!本記事でレビューした商品に使用できる「会員限定10%OFFクーポン」を配布中です!STAMP WORKS 公式ストアにてご利用ください。(会員登録後、ログイン状態でご購入ください)

購入はこちら

「ダクタイルパン」については、下記をご確認ください!

izumin

ブロガー黎明期の20年以上前より個人ウェブサイトやブログを手掛ける。 現在はライターとして各媒体への寄稿掲載を担う傍ら、日本のメディアを代表するブロガー、S...

プロフィール

関連記事一覧