鍋で手抜き炊飯できる鍋は結局いい鍋である

レビュー
19,800円(税込)~
購入はこちら

お米、お鍋で炊くとおいしいですよね。キャンプのごはんがおいしいのって、火で鍋とかで炊いているのが強いんだよなあとか思ってきました。

とはいえ、鍋でおいしく炊くはめんどくさい。時間もかかりそう、、、という印象があるみなさんもいるんじゃないかと思います。

まあ、実際、お米といで水入れて、30分程度吸水させれば、ボタン押すだけの炊飯器というのは最強です。

でも、どっかで思っているんですよね「これ鍋で炊くともっとおいしいんじゃないか」って。自分である程度料理をする人であれば、なおのことそう思うんじゃないかと。

ということで、今回のダクタイルポットのレビューの話をもらった際に、とにかくずっと考えていたのは「簡単に手抜きでおいしく鍋でお米炊けたら最高じゃない?」ってことです。

さて、鍋でお米を炊く際に面倒なのは、2点ですね。それは火加減と水の量。もちろん、ダクタイルポットにはちゃんとお米をおいしく炊くためのやり方も出ています。

あ、その前にダクタイルポットそのものの紹介を忘れていましたね。軽くて、さびない鉄の鍋なんてものがあれば、それが至高。というのを実現しているのが、このタグタイルポットです。

それを実現しているのが、製造する岩鉄鉄器の技術です。特殊な表面改質処理のおかげでで、焦げつきづらく、錆びづらいのというのを実現しているわけです。

さて、まずお米を炊く際の火加減問題です。これはですね。今どきのガスレンジって、実はけっこうお米ボタンがついてたりするんです。これを使いたい。

そして、次のお米と水の量ですが、こっちはこれまで使ってきた炊飯器の釜をそのまま使ってみました。

このやり方だと、要するに炊くという部分だけを炊飯器から鍋とガスレンジに切り替えて、かつワンボタンで終わりということが実現できます。

問題はそれでうまくお米が炊けるのか?ってことです。

以下、ダクタイルポットとガスレンジのお米ボタンでお米を炊いた手順です。

  • お米を洗って、30分吸水させる
  • 炊飯器の釜で水の量を測る
  • ガスレンジに火をつけて、お米ボタンを押す(15分ぐらいでした)
  • 15分蒸らす

▼岩鉄鉄器のダクタイルポット20とガスレンジのお米ボタンでお米を炊いてみた

▼岩鉄鉄器のダクタイルポット20とガスレンジで炊いたごはんの様子

で、もうおわかりだと思うのですが、この手抜き方式で大成功でした。とりあえず、ふりかけかけて、そのまま立ったまま軽めにごはん食べてしまいました。

で、まだまだ食えるぞ!という感じで、さらにあまりにも炊けたごはんがおいしかったので、そのままとなりでささっと手抜きカレーを仕上げて、カレーライスにしていただきました。ああ、うまかった。

で、最後にダクタイルポットとガスレンジのお米ボタンでお米を炊いたごはんの味を少し説明しておきましょう。

私の感じたところだと、少し甘味が増すような気がしました。

そして、鉄とガスですから、どうしても若干おこげはできやすくなります。おこげについては、ここはもう好みの問題がある部分ですね。でも、これでかやくごはんとかやると、もっとうまそうだなあという気持ちには確実になりました。ああ、想像しただけでうまそうだ。

さて。

これで終わりにしようと思ったのですが、ちょっと水餃子が食べたくなったので、ついでに水餃子もゆでてみたんです。

あれ、黒い鍋の効果って、こういうところに出るんだなあと。黒い鍋で白いぎょうざをゆでていると中身がとても見やすいんです。

ということはですよ。

きっと、このダクタイルポットって、おうちで鍋料理でにも最適なんじゃないかと思います。ほら、鍋で手抜き炊飯できる鍋は結局いい鍋ってことですよ(笑)。

いしたにまさき

いしたにまさき(@masakiishitani) Webサービス・ネット・ガジェットを紹介する考古学的レビューブログ『みたいもん!』管理人。2002年メディ...

プロフィール

関連記事一覧