• HOME
  • レビュー
  • LOGOSのアウトドアグッズを使って、屋上バルコニーで「おうちキャンプ」に挑戦

LOGOSのアウトドアグッズを使って、屋上バルコニーで「おうちキャンプ」に挑戦

レビュー

2020年のゴールデンウィークは、おうちでのんびり過ごしてました。せっかくの良い天気なので、自宅の屋上バルコニーで「おうちキャンプ」にもチャレンジ。

アウトドアメーカー「LOGOS(ロゴス)」の製品をお借りして、ちょっとしたアウトドア気分で。今回、モニターとしてお借りしたのは、こちらの3つの製品。

・neos ファミリースムースリクライナー(サイドトレープラス)
・Q-TOP フルシェード 200
・ロジックランタン

自宅でキャンプ、はたして?

『STAMP WORKS(SW) 自宅を楽しむプロジェクト』
SWが企画する「自宅を楽しむプロジェクト」に共感いただいたメーカーより製品をご提供いただき、編集部及びSWがネットワークする AUTHOR が実際に体験しレポートしていきます。
一緒に自宅を楽しみましょう!
商品提供:株式会社ロゴスコーポレーション

ファミリースムースリクライナーで屋上が究極のリラックスプレイスに

海外のホテルに行くと、よくプールサイドに水着で日光浴ができるアウトドアチェアが置いてありますよね。あの開放感と快適さが自宅でも味わえる!自宅にいながら、リゾート地にいるような気分ですよ。

「neos ファミリースムースリクライナー(サイドトレープラス)」のご紹介です。

まさにあの、リゾート気分の椅子です。背もたれの角度は、自由に調整できます。

背もたれを立てて、普通のアームチェアの状態。

少し角度をつけて、リラックス。

さらに角度をつけると、気分はすっかりバカンス。開放感抜群です。

このヘッドレストは取り外しができます。頭の位置に合わせて、お好みの位置に調整可能。

取り外し可能なサイドテーブルもついています。

ドリンクが置ける円形のくぼみと、もう一つの細長い四角いくぼみはスマホを置くのにぴったり。

通気性がよく、濡れても大丈夫な「テスリンメッシュ」という素材を使用しています。丈夫で、日差しにも強いのが特長です。

折りたためるので、使わない時は収納しておくことも可能。

収納サイズは、およそ幅65cm、奥行96cm、高さ14cmです。

きちんと収納スペースのある車なら、持ち運びは問題なさそうです。電車で運ぶには、ちょっと大きいかな。もし、電車やバスで持ち運ばなければならない時は、収納ケースや専用のバッグなどが欲しいところですね。まぁ、自宅で使うのは全く問題ないのと、車があればキャンプ場に持っていくのも良いと思います。

耐荷重は約150kgとのことで、身長185㎝ 体重84kgの僕でもゆったり座ることができました。

この椅子に座って、屋上バルコニーでぼんやり夕日を眺めるの、最高の気分でしたよ。

neos ファミリースムースリクライナー(公式)

Amazonで製品をチェック

組み立てがびっくりするくらい簡単なサンシェード

キャンプと言えば、テントが欲しいですよね。本格的なテントだと、組み立ても手間がかかりますし、お値段もまぁそれなりにします。でも最近は、ビーチや公園、プールサイドなどで使えるサンシェードが人気です。組み立ても、簡単ですしね。

どれだけ組み立てが簡単か、動画を撮ったので観てください。

多分、慣れればもっと早く組み立てられると思います。LOGOS独自のQ-TOP SYSTEMという仕組みらしいですよ。以前、これと類似のサンシェードを使ったことがありますが、それよりもさらに簡単で、かつ素早く組み立てることができました。

この、円形の平らな部分をぐっと押し込むと、傘のようにシェードが開いて固定される仕組み。接続部分に手を挟まないように、注意が必要。

使う場合は、最初に取扱説明書をちゃんと読もうね(読まずにいきなりやったら、「あイタっ!」ってなったオレ)。

手前の入り口部分は、チャックで開け閉めができる、フルクローズタイプです。中で着替えもできるので、海やプールなどでも重宝します。

ペグも付属。キャンプ場などで使う時は、固定できます。

ペグが打ち込めない場所で使う時は、こちらのポケットにおもりになるようなものを入れておくと良いですね。

というわけで、組み立てカンタンなサンシェード、「Q-TOP フルシェード 200」のご紹介でした。

続いては?

Q-TOP フルシェード 200(公式)

Amazonで製品をチェック

ランタンでキャンプ気分がアップ!

最後に紹介するアイテムは、こちらのランタン。「ロジックランタン」です。

これ、実は二つのランタンが磁石でくっついてます。

こんな感じで、二つに分かれます。それぞれ、独立した二つのランタンとして使用することができるんです。

こんな風に、ぶら下げて使用することも可能。

さらに、マグネットが付いているので、鉄製の場所にくっつけて使うこともできますよ。

暗くなってから、実際に使ってみました。まずは、サンシェードの天井部分から、フックに引っ掛けて照らしてみました。しっかり辺りを照らしてくれます。

明るさは、電源ボタンを長押しすると調節することができます。電池式のLEDライトです。

バラバラにして、一個だけ吊り下げてみたり。

二つとも、地面に置いてみたり。

いろんな使い方ができますね。

生活防水に対応しているので、屋外で雨が降ったりして、濡れても大丈夫。ただし、完全防水ではないので、水中で使うのはNGです。

キャンプはもちろん、防災グッズとしても活躍する、LEDランタンです。

ロジックランタン(公式)

Amazonで製品をチェック

「おうちキャンプ」楽しかったです

というわけで、LOGOSさんの商品を3つほどお借りして、ベランダでのんびりキャンプごっこをしてみました。サンシェードに寝っ転がって、隙間から星空を眺めてみたり。

チェアーとサンシェードがあるだけで、おうちでキャンプ気分が味わえますね。さらに、LEDランタンもあると夜でもばっちり。「おうちキャンプ」楽しいですよ。

STAMP WORKSでは、他にもいろんなアウトドア製品をご紹介していますので、あわせて読んでみてください。

前田とまき(TOMAKI)

「日曜アーティスト」を名乗り、趣味の創作活動をしています。本業は広告とデジタルマーケティング。最近ハマっているのは、登らない山登り。都内にある「山」のつく地...

プロフィール

関連記事一覧