1度履くとやみつきに。可愛く心地よいMONPEが最高

レビュー

「もんぺ」と言う言葉はきっと誰もが1度は聞いたことあるだろうし、それが何かを分かる人は多いと思う。

元々農村女性の労働着として始まった服だけれど、1942年に厚生省が婦人標準服という規格を発表し、活動服として全国に普及したので、戦争映画などでもよく見るし、私の中では戦時中の服装というイメージが強い。

動きやすい故にそんな悲しい普及の仕方をしちゃったんだろうと思うけれど、確かに着やすく動きやすいのだ。

福岡の筑後地方に昔からある久留米絣(くるめがすり)という綿織物がある。無形重要文化財にも指定されている伝統工芸の久留米絣は、江戸時代に発案された絣で、藍と白に分けて染められた糸を織って、模様を作り出すと言う製法で、素朴が和柄が非常に可愛いのだけれど、戦後に生産量は年々減ってきたそうな。

そんな中、現代に合わせて、久留米絣を使った製品開発なども取り組まれていて、中々可愛いのだ。

今回、そんな久留米絣を使った「うなぎの寝床」発のもんぺに一目惚れしちゃった私。

久留米絣のMONPE

こちらが私が「かわいいー!」と一目惚れした久留米絣のMONPE。めっちゃ色んな柄や色のもんぺがあって、目移りしすぎて迷いまくった。

藍染の基本的な久留米絣以外にもカラフルなものも多く、色物や柄物が大好きな私としては、ド派手に行ってみたい気もしたけれど、やっぱり最初の1枚はベイシックな感じで、それでもちょっと可愛い特徴があるもの良いなと言うセレクト。か、かわいい。

こちらのMONPEの柄は「インベーダー」ネーミングが新しい!昔からありそうな柄で、最新感もある柄がドンピシャでタイプ。全然古くないよね。

ウエストにはゴムが入っていて、紐で締めるタイプ。生地は綿素材なので伸縮はしないけれど、ラインがゆるりとしているので、しっかり動いても辛くない。そして、この綿生地が薄くて軽くてめっちゃ気持ちが良いのだ。薄いからと言え、もちろん透けることは無い。

通気性も良くて履いていて全然窮屈じゃ無いので、部屋着としてもすっごい寛げる。部屋着にするのはもったいないけれど、この心地の良さは家でも着てたいなー!と思った。もんぺ履いて、畳の部屋で枝豆ビールを決め込みたい(笑)久留米絣最高じゃん!

MONPEを履いて繰り出すぞ

ご機嫌もんぺ履いて、お出かけするぞー!「古くて新しい」みたいなモノって、私のように40代としては、時々危険な事ってある。

「ただ古いだけじゃん!」ってなりがちと言うか、同じ立ち位置に「ダサ可愛い」というものもある。

ただのダサくなりがちなのだ(笑)モノに罪はないけれど、やっぱり着る人を選ぶと言うか。

正直その点だけは最初心配だった。「どちらのオバちゃんでしたっけ?」みたいになったらどうしようと思っていたのだ。

でも、全然問題ない(と思ってる)。か、可愛くない?お洒落なパンツ履いてるカジュアルなファッションじゃん!もうご機嫌ですよ。ジーンズが元々鉱夫の仕事着だったのに対し、もんぺは元々農婦の仕事着。どちらも進化して日常着に昇華したって思うと、「これは日本のジーンズだ」と謳い文句も間違いじゃないなって思った。

動きやすくて可愛くてかなりご機嫌にテンション上がっちゃって、公園で遊んだりした(笑)

THE・和柄!という感じでもないさりげない和柄、下町の風景にもぴったり馴染む。もんじゃをしっかり食べてお腹パンパンでも、ウェストも苦しくないよ!私はデニムのようにこのもんぺを日々愛用していこう♪

もちろん畑でも大活躍!

私の趣味は家庭菜園。小さな畑ではあるけれど、毎週末畑で土いじりするのが至福の時間なのである。

元々農作業服として使われていたもんぺが畑仕事に合わないわけ無いじゃん?って思って着てみたらこれまた超快適!動いているとまだまだ汗かくし、汗っかきだし、通気性も吸汗性も良いし、ずっとサラサラ心地よい。

何よりも農作業着としてすっごい可愛い!

かがんで作業するのも余裕。真冬は寒いので、通気性よりも吸汗性よりもまずは防寒なので向かないけれど、春夏秋はもんぺ良い!

このもんぺ、じゃぶじゃぶ洗っても色落ちしなかったし、綿素材の癖に全然シワにならないもんだから、ガンガン洗ってガンガン着てガンガン使って行こう!と、本当にジーンズ並みに使い倒せそうな感じだなって思った。

1度着ると癖になる。MONPEを着て快適に過ごそう!

「これカワイイー!」と一目惚れのもんぺ。ただ「カワイイなー」ってしか思ってなかったけれど、1度履くともう虜ですよ虜。見た目よし、履き心地よし、機能性よし、毎日気分で柄変えて履いてたい位。

ド派手なもんぺ履いて旅行とか行きたいし、シックな色のもんぺをお洒落に着こなしつつ実は楽チンとかって日常も良い。

このMONPEは、型紙も販売しているので、オリジナルもんぺ作るのもいいなぁ。

男女問わず着られるので、ペアルックなんて作っちゃおうかな(笑)。夫は筋肉質で足ががっちりと太めなので、収縮性のある布で作る方がいいかなと思ったけれど、久留米絣の着心地の良さを知ってしまったしなぁ……。

あ、生地を切り替えて作ったら着やすい上にカワイイかも!?なぁんて、色々ワクワクしてきた。何枚あっても困らない、毎日がちょっと楽しくなるようなうなぎの寝床のMONPEなのであります。

公式ページはこちら


本商品は、現在 STAMP WORKS STORE での取り扱いはございません。

ぷーこ

ストーリーを写真と絵でお伝えします。日常使いの道具と新しいもの好きのライターです。好奇心旺盛で常に物欲との戦い。家電レビューを中心に、エッセイなどWebメデ...

プロフィール

関連記事一覧