感性を刺激するセレクト本屋「SPBS TORANOMON」で自分の趣味と向き合う。

専門家のススメ

この日、STAMP WORKS(以下、SW)が向かったのは、虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーにオープンした「SPBS TORANOMON」。

「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(SPBS)」と言えば、スタッフが1冊1冊丁寧に本を選び、一般的な大型書店では扱っていないような思いがけない本との出会いを楽しめるセレクト本屋です。本はもちろんのこと、その世界観にファンになる方も多いのではないでしょうか。

そんなセレクト本屋が、2020年に建設された大型オフィスと商業施設が1つになった複合施設「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」にオープンしました。

左:SPBS 佐和さん 右:TOMAKIさん

今回は、会社員として働く傍ら、デザイン・カメラ・街歩きなど様々な趣味に没頭するSWのAUTHORであるTOMAKIさんと一緒にお店にお邪魔することに。

SPBS TORANOMON(公式)

”本と出会う体験”を提供してくれるセレクト本屋

SPBS TORANOMONの特徴は、奥渋谷の本店と同様にスタッフが1つ1つ丁寧にセレクトした本が並んでいること。

大きな書店で取り扱っているような流行のビジネス書や新書などが並ぶのではなく、テーマに分けて「こんな本があるんだ!」という発見を提供できるように心がけているそうです。

実際にセレクトしている本の傾向も特徴的で、レシピ本ではなく料理の歴史の本、観光ガイドブックよりもその国やエリアについて深く語られている本など「教養本」と呼ばれる自分の趣味や興味を深堀りするような本が多く動くとのこと。

本屋さんでの本との出会いって、良いですよね。これは、オンラインではできない体験。本棚の間を歩きながら、時々本を手に取って、中をパラパラとめくりつつ、気に入った本を購入する。セレクションが素敵な本屋さんなんかにいくと、棚ごとまるごと本を買いたくなる時がある。今回訪れたSPBSさんも、まさにそんな本屋さん。(TOMAKIさんより)

取材後、TOMAKIさんより今回の体験についてコメントをいただいたので先に掲載しておきます。まさに、SPBSの特徴でもあり、そんな体験をしたい方にはお勧めの本屋さん。

今では、オンラインショップで簡単に検索できそのまま購入できるのは当たり前。また、レコメンド機能で同じ本を買った人が他にどのような本に興味を持っているかなど、色々な角度から本を提案してくれます。

でも、それでは出会えない本がここにはあるんです。

「もう1歩踏み込んだ本が欲しい。」

「自分が本当に突き詰めたいものは何なんだろう。」

そんな思いを深堀りしてくれる本屋さんが虎ノ門にも誕生しました!

感性を刺激する本をセレクトする。

SPBS本店が「本屋を楽しんでほしい!」という入口の本屋だとすると、虎ノ門は「感性を刺激する本屋」として本店では扱っていないユニークな本も多く並んでいます。

また「とりあえずこれを読んでおけば大丈夫!」というような総合的な本よりも、各分野の中でさらにテーマを絞った本が並んでいるのも特徴的だなと感じました。

そこで、ご自身で街歩きイベントを企画をしたり、黒川紀章氏が設計した中銀カプセルタワービルの部屋を1か月間借りて創作活動に励むなど、趣味に没頭するTOMAKIさんにいくつか本を選んでいただき、SPBS の佐和さんとお話をすることに。

街歩きをテーマに、気になった本をピックアップ。

中銀カプセルタワービルでの体験や建造物としての魅力を話すTOMAKIさん。

「街歩き」と一言に言っても、目的は様々。撮影をしながら町を巡る街歩きもあれば、建築物や裏路地をテーマに巡る街歩きなど、街歩き1つとっても趣味趣向によって内容が異なってきます。

例えば「東京さんぽ図鑑」なら、地形、建物、町並みの痕跡から東京の町を読み解き「発見型」のさんぽが楽しめるコースを紹介しています。「日本の不思議な建物101」は、101の日本の個性的な建物にフォーカスした本で、シンプルに「実際に見たい!」という意欲やデザインそのものに刺激を受けることもあるでしょう。

TOMAKIさんは、ご自身で「銀座の歴史ある特徴的な建築巡る街歩き」「品川の歴史を感じながら富士塚を目指す街歩きイベント」など企画していることもあり、気になるページを開きながら気になる建物について「これは面白いですね!」と新しい発見があったり、今後やってみたいイベントなどについてお話してくれました。

これぞまさに、趣味の更なる深堀りにつながっているのではないでしょうか。

また、話題の写真集も「人気だから店頭に並ぶ」というだけでなく、そこに購入者の意欲や感性を刺激する”何か”をSPBSとして提案してくれるはず。

売れる本をただ並べるのではなく、SPBSという上質なフィルターを通ってセレクトされた本たちには、必ず理由があると思います。

そんな会話も楽しみながら本を探すのも一興ではないでしょうか。

自分の趣味と向き合う時間を作ろう。

新型コロナウイルス感染症の兼ね合いで、自分のライフスタイルや働き方が大きく変わった方も多いかと思います。そんな今だからこそ、自分の趣味について向き合う時間を作ってもよいのではないでしょうか。

まずは、自分の興味のあるテーマを決めてSPBS TORANOMONに来店してみてください。写真、デザイン、お酒、マネタイズなどテーマは何でもOKです。

このセレクト本屋には、あなたの趣味をもうワンステップ深堀りしてくれる本がきっとあるはず!

オープンから数か月、リピートしてくださるお客さまも増え、最近では「今日は何がおすすめ?」と街の八百屋さんのように(笑)お任せしていただける機会も増えました。セレクト本屋というと少し入りづらい、わかりづらい、と思われる方も多いと思います。もし、どこから見ていいかわからないと迷われたら、是非、お気軽にお声がけください!私自身も書店で働くことが初めてで今まさに「本」が持つ力に魅了されている真っ最中です。この「本」が持つ力を皆さまと一緒に共有できるような場所でありたいと願っています。(SPBS 佐和)

SPBS TORANOMON(公式)

STAMP WORKS 編集部

STAMP WORKS 編集部です。魅力的な商品やサービスに「太鼓判(STAMP)」を押して「購入したい人」の不安を解消していきます!編集部では、AUTHO...

プロフィール

前田とまき(TOMAKI)

「日曜アーティスト」を名乗り、趣味の創作活動をしています。本業は広告とデジタルマーケティング。最近ハマっているのは、登らない山登り。都内にある「山」のつく地...

プロフィール

関連記事一覧