自宅で手軽に挽きたて淹れたてのコーヒーが飲める幸せ。全自動コーヒーメーカー「CM-D465B」

レビュー

挽きたて淹れたてのコーヒーが自宅で手軽に飲めるのは、幸せなことだなぁとしみじみ思います。朝起きて、リビングに向かいながら「さて、今日はどのコーヒーを飲もうかな」って考えていると、ほっこりした気分になりますね。特に最近はずっと家にこもって仕事をしていることが多いので、こういうささやかな愉しみが本当に大切。ありがたいです。

というわけで、STAMP WORKS(SW)の「自宅を楽しむプロジェクト」。

今回は、ツインバード社の全自動コーヒーメーカー「CM-D465B」をお借りして、自宅でコーヒーを愉しんでいるので、ご紹介します。

製品詳細はこちら(公式ページ)

製品をAmazonでチェック

『STAMP WORKS(SW) 自宅を楽しむプロジェクト』
SWが企画する「自宅を楽しむプロジェクト」に共感いただいたメーカーより製品をご提供いただき、編集部及びSWがネットワークする AUTHOR が実際に体験しレポートしていきます。
一緒に自宅を楽しみましょう!
商品提供:ツインバード工業株式会社

美味しいコーヒーを淹れるには?

美味しいコーヒーを淹れるのってなかなか難しいですよね。豆の選び方はもちろんですけど、挽き方とか、お湯の温度とか、注ぎ方とかによっても味が変わってくる。淹れるコーヒーの量によって、蒸らしに使うお湯の注ぎ方や間隔なんかも細かく気を配らなくてはならない。自宅で、簡単に美味しいコーヒーを淹れる方法はないの?

そんな時に、この全自動コーヒーメーカーですよ。いやー、便利だなぁと思って。
コーヒーメーカーに豆と水をセットして、あとはボタンひとつで素晴らしく美味しいコーヒーを全て自動で淹れてくれます。

豆を挽くのも、自動でやってくれます。

挽き方は三種類。「粗挽き」「中挽き」「細挽き」の中から選ぶことができます。
一般的に、コーヒー豆は細かく挽けば挽くほど、苦みが強くなると言われています。粗挽きの方が、酸味が出やすいので、コーヒー豆の特性によって、好みの挽き方を選べるのは良いですね。

また、コーヒーを淹れる時のお湯の温度も大事。

このコーヒーメーカーは、抽出温度を「83℃」と「90℃」の二種類設定することができます。豆本来の味を引き出すのに適切な温度が「83℃」だそうです。内臓のサーモセンサーを使って、お湯の温度を調整。なので、寒い冬の日とか、温かい日など、外気温に関わらず適切な温度でコーヒーを抽出することができます。

熱いコーヒーを飲みたいとき、あるいは苦めのコーヒーを飲みたいときは、「90℃」に設定します。抽出したコーヒーを冷やしてアイスコーヒーを作るときは、苦めに抽出できる「90℃」の設定が良いですよ。

コーヒーメーカーのダイヤルが並んでいる操作部では、以下の設定ができます。

▼メニューダイヤル
・豆から
・粉から
・ミル
・メンテナンス

▼抽出温度ダイヤル
・83℃
・90℃

▼蒸らし湯量ダイヤル
・1カップ
・2カップ
・3カップ
・4カップ
・5カップ
・6カップ

▼メンテナンスダイヤル
・ドレイン
・クリーン
・オープン

一度設定をしてしまえば、あとは電源を入れてスタートボタンを押すだけで、全自動でコーヒーを淹れてくれます。

お手入れの方法

ガラスサーバーや、蓋、ドリッパー、水タンクの蓋などは、食器同様に台所用中性洗剤で洗うことができます。食洗器は使えません。

本体は水に浸けることはできませんので、表面を台所用中性洗剤を浸した布を固く絞ってふき、その後で乾いた布でよくふきとること。

挽いた豆が出てくるドリップシャワー部は、付属のお手入れブラシでコーヒー豆を落とします。

水タンクの水を排水する場合は、メンテナンスダイヤルの「DRAIN(ドレイン)」を選択し、スタートボタンを押します。

水タンクをクエン酸洗浄することもできます。やり方は、まずメンテナンスダイヤルで「CLEAN(クリーン)」を選択。6CUP分の水と、小さじ2杯(約10g)のクエン酸を水タンクに入れ、よくかき混ぜて溶かしてから、スタートボタンを押します。

ドレインで排水した後、クエン酸をにおいを取るために、水だけで3、4回繰り返すとお手入れ完了です。

細かい手順は、付属の取り扱い説明書を参考に。

美味しいコーヒーをもっと手軽に自宅でも

このコーヒーメーカーの監修を務めたのが、南千住で『カフェ・バッハ』を営む田口護さん。南千住にあるお店には、自宅から近いこともあり、何度か訪れたことがあります。今回も、テイクアウトでコーヒー豆を買いに行きました。

田口さんは、コーヒーに関する著述も多く、コーヒーの達人としてテレビ番組にも出演されています。いわば、コーヒー界のカリスマ・レジェンド。その田口さんとタッグを組んで、試作品の段階からなんども調整を加えて完成したのが、この全自動コーヒーメーカー「CM-D465B」なわけです。まさに、とことんまでこだわったコーヒーメーカー。

挽きたて、淹れたてのコーヒーを自宅で手軽に愉しみたい方におすすめです。

製品をAmazonでチェック

前田とまき(TOMAKI)

「日曜アーティスト」を名乗り、趣味の創作活動をしています。本業は広告とデジタルマーケティング。最近ハマっているのは、登らない山登り。都内にある「山」のつく地...

プロフィール

関連記事一覧