• HOME
  • レビュー
  • おうちで楽々、プロの味!本格派ごはんからスイーツ作りまで楽しめるスロークッカー!

おうちで楽々、プロの味!本格派ごはんからスイーツ作りまで楽しめるスロークッカー!

レビュー

まだまだ長引く、おこもり時間。「自炊する時間が増えて、そろそろ自分の料理に飽きてきた…」なんて方も多いのではないでしょうか。

私も例外なく、そのパターンに陥ったうちの一人です。プロの料理家さん達のレシピも色々試したし、スイーツ作りも一通りやってみた。

料理は楽しみたいけど、自炊の手間も減らしたい。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがないか、ググってみました。

一番気になったアイテムが、「勝手にコトコト煮込んでくれて、レストランのような味になる」と噂のスロークッカー。

どんな感じか、試してみました!

製品詳細はこちら(公式)

Amazonで製品をチェック

『STAMP WORKS(SW) 自宅を楽しむプロジェクト』
SWが企画する「自宅を楽しむプロジェクト」に共感いただいたメーカーより製品をご提供いただき、編集部及びSWがネットワークする AUTHOR が実際に体験しレポートしていきます。
一緒に自宅を楽しみましょう!
商品提供:ツインバード工業株式会社

「スロークッカー」って?

「スロークッカー」とは電熱装置が内蔵された外装と、陶磁器で作られた内釜で構成された電気調理器具のこと。

内釜に保温性があるため消費電力が少なく、水分の蒸発が最低限に抑えられることが最大の特徴です。

そのため、低温長時間の煮込み料理に適していると言われています。

今回試したのは、ツインバード工業の「スロークッカー ホワイト TWINBIRD EP-D819W」。

用途に合わせて低温・高温の2段階調節ができ、どんな調理器具にも合うシンプルなデザインになっています。

取扱説明書

調理のポイント

付属の「調理ポイント・レシピ集」。

レシピブックには9つのレシピが掲載されていて、メニューも多岐に渡ります。煮込み時間の目安や定番メニューの調理時間が記載されていて、アレンジもしやすそうでした。

どんな料理でも美味しくできそうだけど、その中でも「鍋で煮込んだら手間がかかる」料理を中心にチャレンジすることに。

「肉」「魚」「野菜」そして、「スイーツ」の料理を試してみました。

「とろとろの角煮」ができる?

「肉」の代表に選んだのは…手間と時間をかけないと作れない料理の代表、「角煮」。

調理時間は「高温で7時間」なので、夜の間に仕込むことに決定!付属のレシピは具沢山で書かれていましたが、今回はシンプルに、豚バラ肉+大根でトライします。

まずは通常と同じ手順で、豚バラ肉の表面をフライパンでカリッと焼く。

こんがり焼き色がついたら、フライパンから取り出します。

大根→豚バラ肉→生姜薄切りの順に、スロークッカーへ。酒・醤油・みりん・砂糖をお湯で割った煮汁を入れます。

そして落し蓋をして、蓋をかぶせたら、スイッチオン!あとは寝て、朝になるのを待つだけです。

本当にこれだけで大丈夫なのかな…?寝てる間に、吹きこぼれしない?なんてドキドキしながら、就寝。

部屋に漂う良い香りで、優雅な目覚め。恐る恐るスロークッカーの中を覗いてみると…いました、ツヤツヤの角煮。

うーん、この匂いだけで、ごはん3杯はペロッと食べられそう。

お肉を持ってびっくり。すぐにポロリと崩れるくらい、とろとろです…!

大根も味が染みていて、「手間をほとんどかけていないのにこの味になるなんて」と、感動しちゃいました。

骨まで柔らかい、「イワシの梅煮」

続いてトライするのは、「魚」のレシピです。

レシピブックを参考に、この時期多く出回っているイワシを使った、「イワシの梅煮」に決定。

レビューを見ると、「魚の骨も食べられるくらい、柔らかくなります」という記載が。

下処理をしたイワシと千切りした生姜・梅干しに調味料を合わせて、こちらも同じく落し蓋をしてスイッチオン。

「高温で4時間」を目安に、様子を見守りつつ在宅ワークをこなしました。

1時間ほどすると良い香りが部屋に立ち込めてきて…。

4時間後、蓋を開けると、すっかりくたくたになったイワシがお目見え!

せっかくなので、大葉も刻んで盛り付けました。

中骨は一切抜いてないので、「本当に食べられるの?」と疑う気持ちも少しありましたが、心配無用!

骨という骨が全て缶詰くらい柔らかく、丸ごと食べられました。

時間を合わせて炊いておいた白米が進みに進んだ、晩ご飯なのでした。

野菜の概念を覆す食感の、野菜スープ

キャベツは1/4サイズに芯を残して切り、玉ねぎはダイスサイズにカット。

キャベツは1/4サイズに芯を残して切り、玉ねぎはダイスサイズにカット。

お次は料理系最後のテーマ、「野菜」。

レシピブックに掲載されている「キャベツとサーモンの食べるスープ」です。こちらも具材をシンプルに、キャベツ・サーモン・玉ねぎにしました。

キャベツは芯を下に放射線状に入れ、空いたスペースにサーモン、玉ねぎを入れていきます。

そしてその上から、コンソメを溶かしたお湯を投入。スイッチオンして、「高温で3時間」!パンと一緒にランチにしようと思い、午前の仕事前に仕込みを終えました。

3時間経ったところで蓋を空け、牛乳+バター・塩胡椒で味を整えます。

味を馴染ませるため、20〜30分そのまま放置して、完成!

レシピタイトルの「食べるスープ」というネーミングに納得!野菜もサーモンもびっくりする柔らかさで、食べ応えバツグン。

サーモンの骨抜きもしていませんでしたが、全く気になりませんでした。

キャベツも玉ねぎも、ちょっとスプーンで触れば崩れる柔らかさ。

ジャガイモやサツマイモなど、根菜系もホロホロに仕上がりそうな予感です。

やってみたいスープレシピが頭の中に溢れてきました。

料理だけじゃない!スイーツも

最後はこれもできちゃうんだ!と驚きだった「スイーツ」です。

いくつか気になるレシピがありましたが、カロリーも抑えられる「キャロットケーキ」に決定。

すりおろしたニンジン、ホットケーキミックス、卵、豆乳に、シナモンをふりかけて混ぜていきます。

生地をよく混ぜ合わせたら、これをクッカーへ投入。

「高温で3〜4時間」を目安に、スイッチオン!この時実は、ある致命的なミスを犯していました…。

そう、クッキングシートです。これを見てくださっている方は、どうかクッキングシートを忘れないよう、お気をつけください。

シートのミスにより、丸いケーキの状態では取り出せませんでしたが(笑)、なんとかケーキが完成!!

せっかくなので、チーズフロスティングにシナモンをかけ、くるみもトッピングしてみました。

一番驚いたことは、とてつもなくしっとりした仕上がりになること。

普段はオーブンで焼いているのですが、焼き加減によってはパサついてしまうことが悩みでした。

今回はいつもと比べ物にならないくらい、「もちもち・しっとり」という表現がしっくりくる食べ応えに!

コーヒーとの相性もばっちり。優雅すぎる、食後のティータイムになりました。

バナナケーキやチョコマフィンなど、作ってみたいレシピの夢が膨らみます。

使用して感じた、向いている人と向いていない人

実際に使用してみて、こんな人だった楽しく使えそう、と感じたことをまとめてみました。

こんな人に向いている

・料理に時間を多くとられたくない!在宅ワーカー
やっぱり何よりも、時間の節約になる点が大きいです。いつもなら長時間かけて作る料理が、具材を切るだけで完成してしまうので、お仕事が忙しい人にはぴったりです。

・家族や恋人に褒められたい
手を抜きたいけど、せっかく作るなら「美味しいね」って褒められたいですよね。そんな願望も、このスロークッカーなら確実に叶えてくれるだろうなと感じました。

(独身貴族の編集部は、食べさせる相手がいませんでした…)

こんな人はよく考えて

・忘れっぽい
一番気になった点は、タイマーがついていないこと。携帯などのタイマー機能を活用すれば問題ありませんが、「タイマーをかけ忘れた!」なんてミスをしてしまいそうな人は、よくよく考えての購入をおすすめします。

・レシピを考えることが苦手
付属のレシピは9種類です。「調理時間がどれくらいか」など感覚で捉えることが苦手な方は、別売りのレシピブックの購入や、ネットでしっかりレシピを調べた方が良いかもしれません。

まとめ

お家時間で料理をたくさんする人にぴったりな、スロークッカー。

これさえあれば、手間なし&手軽に、いつもと違った味を楽しむことができます。

「簡単プロの味」で、マンネリ料理を脱出して、新境地を開拓してみてくださいね!

Amazonで製品をチェック

Ai Fujita

ふじこ やりたいが溢れて止まらない、おてんばライター。フリーでマーケティング・編集のお仕事をしています。美味しいもの好きが高じて、【どんぶり研究所】という趣...

プロフィール

関連記事一覧