• HOME
  • レビュー
  • 保温・保冷可能で携帯性がよくグッドデザインなビタントニオのコーヒープレスボトル

保温・保冷可能で携帯性がよくグッドデザインなビタントニオのコーヒープレスボトル

レビュー

ずっと試してみたいと思っていたコーヒープレスですが、今回、ビタントニオのコーヒープレスボトル「コトル」をご提供いただいて、その機会に恵まれました。

単なるコーヒープレス以上の機能性に加え、デザイン性やメンテナンス性も高く、とても満足度が高いです。

そもそもコーヒープレス(フレンチプレス)とは

コーヒープレスとは紙や布のフィルターを使わずにコーヒーを抽出できる器具、またはその方法のことです。

ペーパーや布のフィルターを使うとコーヒーの油分に含まれる旨味なども取り除かれてしまうため、豆本来の香りや風味をより楽しむためには、コーヒープレスが最適といわれています。

昨年、知り合いに教えてもらった美味しいコーヒー豆屋さんがあり、毎日そちらのコーヒーをいただいているのですが、そのお店が推奨しているのがコーヒープレス。

ペーパードリップでも十分に美味しいコーヒーが、さらにグレードアップするのならぜひ試してみたいと思っていたときにビタントニオのコーヒープレスボトル「コトル」をレビューする機会に恵まれました。

コーヒーの抽出に加え、保温・保冷・携帯の機能も備えたビタントニオのコトル

一般的なコーヒープレスはポット型が多いようですが、ビタントニオのコトルは携帯可能なボトル型で、保温・保冷の機能も備えています。デザイン性も高く、パッケージにもこだわりが感じられます。店頭に並んでいたら目を引くのではないでしょうかね。

コーヒーの抽出方法も、イラスト入りで箱に書かれています。簡単3ステップ。

ステンレス製の本体はつや消しの深い緑色で、黒色のキャップ部分とのバランスがとてもよく、形状もシンプルで上質さを感じます。最大容量は420mlですが、コーヒーを淹れるときは300mlです。

本体は少し太めですが、ボトルキャップがハンドル形状になっているので持ち運びには困りません。

コトルは大きく3つの部品から構成されています。写真左からキャップ、飲み口・プランジャー、そして本体。飲み口とプランジャーは分離可能なので、ステンレスボトルとして使いたいときは外しておけます。

コーヒーのフィルターにあたる部分がプランジャー。フィルターのメッシュがが細ければ水分もとおりにくそうだし、粗ければ豆が通ってしまいそうだけど、実際にはどうなのでしょうか。

コーヒーの抽出は超簡単で保温性も抜群!ずっと温かいコーヒーが飲めた

では人生初のコーヒープレスに挑戦です(笑)本体の中には満水線があるので、このラインを超えないようにお湯を注ぎます。ボトルの下の方には、粉の量を規定する線もあるので利用時は要確認。

コーヒー豆を入れた本体に熱湯を注いでいきます。

飲み口とプランジャー部分を取り付けたら4分待つべし。添付の説明書によるとコーヒー豆とお湯をかき混ぜた方がよいようです。確かにその方がコーヒーがしっかり抽出できそう。

4分経ったら、プランジャーのバーをゆっくりと押し下げます。拍子抜けするぐらい軽いです。

そして、お待ちかねのコーヒータイム!ビタントニオのコーヒープレスで淹れたコーヒーの味は、控えめにいって激ウマ!雑味がなく、美味しさが引き立っています。粉もきっちりとカットされていました。

小さめのカップで何度かに分けていただきましたが、最後まで熱々のまま飲めて感動。いつもは大きめのカップを使っていますが、すぐに冷めてしまうんですよね。でもこれなら安心。これからの寒い時期には重宝しそう。

ほんの少しの手間が軽減されるだけでコーヒーを淹れるのが快適になる

いつもは次のような手順でコーヒーを淹れています。

  1. お湯を沸かす
  2. コップの上にドリッパーを置く
  3. ドリッパーにペーパーフィルターを載せる
  4. 豆を袋から取り出し、グラインダーで挽く
  5. 挽いた豆をドリッパーに入れる
  6. 熱湯を注ぐ
  7. コーヒーを飲んだあとでペーパーフィルターと豆を処理する

最初はこのような手間も楽しみの一つでしたが、段々と面倒になってしまい、最近は豆を注文するときにあらかじめ粉状にしたものも合わせて注文するようになりました。

鮮度を考えたら、毎回挽きたての豆でコーヒーを淹れるのが一番だとはわかっているんですけど、毎日のこととなると少しでも早くと思っちゃうんですよね。

コトルを使えばペーパーフィルターやドリッパーをセットしなくてもよくなるし、粉と熱湯をボトルに入れたら、そのまま部屋に持っていくだけというお手軽さ。

手軽にコーヒーが飲めるようになり、コーヒーライフがさらに快適になりました。ちなみにボトルから直接飲めるような飲み口になっていますが、保温力が高いため、火傷が怖くて断念しました。必要に応じて、コップに移し替えるのもよいと思います。

コトルを長く愛用するためのポイント

人生初のコーヒープレスが、ビタントニオのコトルだったことは超絶ラッキーだったといえるぐらいには最高の製品だと感じています。

個人的に高く評価したいのが、部品を交換できるところ。以前、使っていたコーヒータンブラーの樹脂製の蓋が壊れてしまったときに、メーカーに問い合わせたら、製品を買い直すしかないといわれたんですよね。

物はできるだけ大切に長く使いたいので、この対応はとても残念でした。メーカーとしてはコストを考えると、細かい部品の販売は割に合わないのかもしれませんが、いまはもう大量生産・大量廃棄の時代ではありません。

コトルはゴムパッキンとプランジャーが交換可能で、いずれも500円という良心的な価格設定。製品を長く使えるようにする姿勢は、ブランドの評価も高めるんじゃないかと思います。私はとてもよい印象を持ちました。

他にはどんな製品があるのかとビタントニオのウェブサイトを見たところ、なんとこれまた超かっこいいコーヒー豆のグラインダーを販売してるじゃないですか!

グラインダーは、よさそうなものは高かったり、大きかったりして、いまいちどれも選びづらくて、ずっと手動のものを使ってるんですが、ビタントニオの製品はデザインもよく、小さくてコードレスで使いやすそう。

閑話休題、非常に満足度の高いビタントニオのコトルですが、使い方には注意が必要。例えば、塩分の多い味噌汁やスープ、炭酸飲料や乳飲料などは入れてはいけないとされていて、その理由は製品を錆びさせたり、内圧によってキャップの破損や飲み物が吹き出す恐れがあるからとのこと。

使い勝手がよいので、ついつい色んなものを入れたくなってしまいますが、このあたりは要注意。他にも食洗機は駄目であるとか、お手入れの方法なども記載されているので、説明書にはしっかりと目を通しましょう。

またこれはコトルに限ったことではありませんが、コーヒープレスって抽出後の豆の処理が大変です。ネットを検索しても、いまいちこれといった解決策は見つかりませんでした。

でも目の細かい排水口用のメッシュフィルターが使えることを発見。ボトルから豆を取り出すときは、水を入れて何度かゆすぐ必要がありますが、メッシュフィルターなら水はさっと流れて豆だけをキャッチできるのでお勧め。

ビタントニオのコトルは、私のコーヒーライフをさらに豊かにしてれそうで、これから長いお付き合いになりそうです。素晴らしい出会いに感謝。

購入はこちら

購入はこちら

いわいともひさ

IWAIMOTORS BLOG運営。ダンボールアーティスト|ブロガー|CGクリエイターという肩書きで活動中。 ダンボールアート・CG制作、コンサルティング(...

プロフィール

関連記事一覧